個人事業主と会社の違い

a0002_012029

法人に比べ個人事業が不利な点

・後継者に事業を継ぐときに新しく許可を取りなおさなくてはならない

・営業用事務所などの賃貸借契約は、契約者が死亡した場合などで事業承継者に継げない

・金融機関からの借り入れが不利になる

会社でのメリット

・事業を後継者に引き継ぐことができる

・契約関係が持続する

・金融機関からの信用が増し、融資などを受けやすくなる

会社でのデメリット

・会計処理、税務申告が複雑になる

・赤字でも、年額最低7万円の税金が発生する

そのため、会社設立をした後、会計ソフトを導入し、ご自身で会計処理を覚えるか、もしくは税理士に処理をお願いすることを検討します。

現在は、資本金1円、取締役1人でも会社を立ち上げる事ができます。会社を設立するためには、ご自身で設立する場合、大体25万円くらいの費用で設立できます。

法人で建設業許可を維持するための注意点

・取締役を常勤者2人以上にしておく

・自己資本500万円以上の要件を満たす資本金の設定にしておく

それと、精神的なことですが、株式会社の代表取締役という肩書がほしいという人もいらっしゃいます。

ご自身が、将来、どのように事業を運営していくかが重要ですので、慎重に判断しましょう。 どうすれば良いか相談したい場合は、無料相談を承っております。

お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。