建設業許可の種類

知事許可と大臣許可

zu1

 営業所が都道府県の区域内にのみある場合は「知事許可」です。逆に、営業所が2つ以上都道府県をまたぐ場合は大臣許可です。 例えば、埼玉県に営業所が複数あっても、同じ県内ですので知事許可となります。

一般と特定

zu2

 一般建設業とは特定建設業の許可を受けようとする者以外の者が取得する許可です。 特定建設業とは、発注者(最初の注文者)から直接請け負った(元請となった)1件の工事について、下請代金の額(下請契約が2件以上あるときはその総額)が3,000万円(建築一式工事は4,500万円)以上となる建設工事を施工する場合に必要となる許可です。 つまり、元請以外は全て一般建設業となります。(下請業者さんは全て一般建設業です) 元請であっても、全て自分の会社で施行したり、下請に出す金額が前述した金額以上でなければ一般建設業となります。

特定建設業か一般建設業か分からない場合は、お気軽にご相談ください。