平成28年6月1日施行建設業法改正 管理技術者と主任技術者の配置について

平成28年6月1日に改正された建設業法が施行されました。

その中で、配置技術者についての変更箇所を記載します。

改正前

①元請企業が配置技術者を監理技術者としなければならない請負金額合計は3000万円以上(建築一式工事は4500万円以上)

②工事現場ごとに専任(その工事にのみ従事)で監理技術者または主任技術者を配置しなければならない請負金額は2500万円以上(建築一式工事は5000万円以上)

改正後

①元請企業が配置技術者を監理技術者としなければならない請負金額合計は4000万円以上建築一式工事は6000万円以上

②工事現場ごとに専任(その工事にのみ従事)で監理技術者または主任技術者を配置しなければならない請負金額は3500万円以上建築一式工事は7000万円以上